Page : 2

五感を震わす食育プログラム、2018年も開催します!
今日食べた食事は、どこで、誰が、どんな方法で育て、どう調理されて食卓に並んでいるかわかりますか?
私たちの身体は「食べたもの」でできていることを意識していますか?
食べることは「いのちをいただく」ことであることは?
土と離れた生活をしていると、見えなかったり、知らなかったり、忘れてしまっていることが多くあります。
私たちが忘れかけている大切なことを取り戻すきっかけがここにはあります。自然の営みに感動しながら、食といのちのことを一緒に考えませんか?

エディブルスクールヤードの取り組みに感動を覚えた、小さな農園が挑戦する食育プロジェクト、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年度は4月22日(日)よりEDIBLE KUROKAWA YARD 2018スタート! 参加者募集中です。

2018年より、宿泊する場所が確保できましたので、前日入りして楽しんでもらうこともできるようになりました。
希望者は宿泊希望とお知らせ下さい。素敵な建物で泊まれます!

申し込みコースに「1回コース」と「月1回コース」を追加しました。
年間18回のコースだけでなく、もう少し気軽に参加できるコースがありませんか?という問い合わせを多く頂きました。
そこで、気軽に参加してもらえるように申し込み方法を変更しました。
詳しくは、申し込みのページをご覧ください。

メディア掲載情報

中日新聞 環境情報誌Risaの2017年7月号に、「第3回のお茶摘み体験」の体験レポが掲載されました!(7/1)
スキ❤️カモの 2017 SUMMERに体験メニューの1つとして紹介されました!(7/22)
朝日新聞 「岐阜版」人が住む(中)にEDIBLEのことが掲載されました!2018年3月20日付けの新聞です。

MENU

エディブルスクールヤードの奇跡のプロジェクトを和ごころ農園でもはじめます!プログラムなど体験の内容はこちら。
EDIBLE KUROKAWA YARDの募集要項と申し込みページです。お気軽にお問い合わせ下さい。
EDIBLE KUROKAWA YARDの活動報告のページです。写真や動画も一緒にレポートします!
EDIBLE KUROKAWA YARDの紹介ページやfacebookページなどのリンクを紹介するページです。

EDIBLE Program

・2017年に施したプログラムはこちらで確認いただけます。
・2018年の初回は4月22日(日)です!

Profile image
EDIBLE KUROKAWA YARD2018の開講日

<メニュー>
・オリエンテーション、自己紹介タイム
・農園を散歩して黒川の空気を感じよう
・原木しいたけ収穫&菌打ち体験
・春野菜(人参、大根、レタスなど)の種まき
・畑のデザインをみんなで考えます!

Lunch:かまどでご飯を炊こう!しいたけソテー お花見できたらお弁当にします。

座学:エディブルスクールヤードについて

申し込み

Profile image
夏野菜の種まきラッシュ! 畑のデザインのつづき

<メニュー>
・前回播いた野菜の生育を観察しよう
・葉もの、トマト、ナス、ピーマンの種まき

座学:有機農業ってどんな農業?

Lunch:間引き菜を使って調理をしよう!
申し込み

Profile image
お茶摘みをして、新茶を楽しもう!

<メニュー>
・前回播いた野菜の生育を観察しよう
・じゃがいも土寄せなどのお世話
・夏野菜種まき(インゲン豆、オクラ)
・お茶摘み
・手もみで製茶しよう!

ワークショップ:緑茶の淹れ方講座
座学:お茶のことを知ろう

Lunch:春野菜のランチ
申し込み

Profile image
裸足で田んぼに入って、田植えしよう!

<メニュー>
・前回播いた野菜の生育を観察しよう
・田植え

ワークショップ:田んぼを観察してみよう!
座学:お米のことを知ろう

Lunch:おにぎり(畔でお弁当ランチ)
申し込み

チラシを置かせて頂いている場所

・Toki Italian SAI(土岐市)
・わらべ村(富加町)
・白川町役場企画課(地域おこし協力隊)
・農家レストランまんま(白川町黒川)
・オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村(名古屋栄)
・ナナちゃんストリート夕暮れ市(名古屋駅名鉄百貨店前)
・空色勾玉(名古屋市中区)
・てまひま(白川町道の駅ピアチェーレ駐車場内)
・caltivateur(中津川市阿木)
・BROWN CAFE(愛知県春日井市)
・芒種(名古屋市西区)
・BIO(名古屋市昭和区)
・Ho'oponopono ホオポノポノ(愛知県春日井市)

(敬称略で記載させて頂いています)
順次拡大中です。(2017.3.5現在)
Return Top